<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

夜の庭師

夜の庭師


出版日:2016年11月11日初版

著者:ジョナサン・オーシエ

翻訳者:山田 順子

出版社:創元推理文庫

定価:¥1,160+税

図書館では、推理小説・ファンイー・SFのコーナーに。
「カナダ図書館協会児童図書賞受賞」作品なので、児童文学にに分類しました。

児童文学だと思います。
子供も大人も誰でも、年齢・おかれた環境を問わず、読み応えがあり、それぞれの立場で見える世界が違うような感じがします。
児童文学は、子供時代・青年時代・大人時代・歳をとってから何度も読み返すとよいもだと実感しました。
子供時代、若い時に読めなかったの残念です。
子供にも大人にも読んで欲しい本です。

ヘンゼルとグレーテル、お菓子の家と魔女を連想しそうな冒頭から始まり。

吟遊詩人や語り部たちが語り継いだお話。
恐竜退治のお話にみえます。
最後に記載された「著者ノート」「訳者のあとがき」を読むと、しっかり調べられた現実の歴史・時代背景の上に書かれたお話です。

二人の幼い姉・弟は、今では、難民といわれる子供たち。
村人も近寄らない、だれも奉公人がいないお屋敷で、住み込みで働くことになった二人。
主人の子供二人のお世話もしながら。

二人の難民の子供の物語。
4人の子供(主人の子供2人と子供の奉公人2人)の成長の物語。
壊れていく家庭、ばらばらになってしまった家庭の再生。
主人の家族4名の家族としての絆をつむぐ物語。
最後は、二人の姉・弟が、目の前の安心・安定家庭より、希望と勇気を持って、自分たち自身の家を探す旅にでるとことで終わります。

お互いを大切に思いながら、間違った選択をし家族を不幸に落とし込む。
一生懸命家族の為に働いてきたのに、お互いの気持ちを話しあわなかったために家族が崩壊していく。
現在にも通じるように思います。

夜の庭師は、すべたを持っていると言っていたのに、他者に取り込まれ、自分がなくなり、すべてを失ったように見えます。
庭師にとっては、救世の物語なのかもしれません。

だれも近寄らなかったお屋敷が燃えたとき、村人たちが様子を見に来てくれて、いろいろ助けてくれるようになり。

こういった変化をもたらすのはなにか?

嘘も方便といいますが、
お話と嘘とはどうちがうのかとう問いかけ。

姉は、「嘘は人を傷つける」「お話は人を助ける」と答えます。
「けど、どんな助けになるんだい?」「それが問題さね・・」と問われた質問にたいしての答えは直接本の中に記載はなく。(見落とした?)

望みと必要なものの違い。

たくさん考えさせられる内容です。

そして、これからあにがおきるのか、みんなはどうなるのか、わくわくする冒険物語・おどろおどろしい物語でもありました。

「著者ノート」に、最大のインスピレーションを与えてくれたのは、レイ・ブラッドベリの「何かが道をやってくる」。
もうひとつ、強い感銘を受けた作品「ジェフリー・クレヨンのスケッチブック」

さらに、姉・弟を理解するの助けになった「秘密の花園

バリー(ピーター・パンの作者)が大学生に行った<勇気>という講演。
この講演について、著者は
>もっとも重要なのは、おとなたちがそだてそこなった世界に出て行く若者たちが、いったい何をすべきかということを訴えいる点だ。
と書いています。

本書ともつながりがあると思いました。何かが道をやってくる」と「秘密の花園」は子供時代読んだことがありますが何も覚えてません。
また呼んでみたいと。

なにより、J・M・バリーの<勇気>という講演を聞いてみたかった!!

2019.08.10 Saturday 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 

しっかりものの老女の死

しっかりものの老女の死


FRAMED IN CORNWALL
コンオールのフレーム(フレーム→額装・縁・枠)

発行日:2005年4月15日 初版

著者:ジェイニー・ボライソー

訳者:安野 玲

発行者:株式会社 東京創元社


読み始め、読んでいると思ったのです。

事故とも自殺・事件ともわからないまま、話はすすみ。
読み進めても、先が思い出せず。
最後まで、なにも思い出せず、3つの結末。

劇的な推理はないものの、やはり最後にわかる意外な結びつきと結末。
しっかりものの老女には、うっかり口をすべらせず、もう少し長生きして欲しかった。

主人公のローズにとっては、自分のしがらみから、立ち上がって新しい人生の始まりに。

もとのタイトル「コンオールのフレーム」、わかったような、わからないような。

コンオールの土地に根ざした人々、美しく荒々しい風景、変わりやすい天気、海と人。
フレームにおさまった、一幅の絵のような描写。

あきさせることなく、最後まで読ませていただきました。



JUGEMテーマ:



2019.07.20 Saturday 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 

裁きの街

裁きの街

出版日:1993年1月29日 初版
    1999年11月12日 5版

著者:キース・ピータースン

訳者:芹澤 恵

発行所:株式会社 東京創元社

ジョン・ウェルズ・シリーズ最後の作品(いまのところ)

最後の最後まで、なぜ、殺されそうになったのか?の影も見えず。
手がかりらしいものは、直接は、犯人に結びつかず。

人間技とは思えないアクションで(這い蹲り)うろうろするウェルズ。
生きているのが不思議。動けるのが不思議。

ハードボイルドの主人公の典型条件、酒・タバコ・暴力・正義感・皮肉屋etsが揃っているウェルズに、ついて回る読者は、本人同様、なにがどうなっているのかと。

そんな、ウェルズを、ランシングがなぜ、慕うのかが、わからないくらい、ぼろぼろで、魅力がないのに。
それでも読者は、物語についていく。
魅力がないのに、魅力のあるウェルズ。

しかも最後は、みしらぬ常識をもった若い警察官の気転や、ランシングを含めた仲間に助けられ。
助けがなければ、殺されていたでしょうのような状態。

それでも最後までよむのは、ほかの登場人物の魅力。

それぞれの容姿や雰囲気のみならず、背負って生きてきたもの、今背負っているもの、生き方が一人ひとり、生き生きと、そばにいるように感じられるように書かれているところ。


JUGEMテーマ:



2019.07.04 Thursday 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 

夏の稲妻

夏の稲妻

出版日:1991年12月27日 初版
    1994年10月21日 7版

著者:キース・ピータースン

訳者:芹澤 恵

発行所:株式会社 東京創元社

ジョン・ウェルズ シリーズ第3作


最初から、夏のまとわりつくような、暑さと湿っぽさが文章から伝わってくるところは、キース・ピータースンならではの表現力。

それでもタイトルの夏の稲妻の稲妻が?でした。
稲妻も、効果的に表現に取り入れられています。
元の「The Rain」のほうが、ふさわしいような。

日本語で、「雨」とうタイトルだと、少しピンとこないけれど。
タイトルは、「The Rain」がしっくり。

暑い空気が、よどんだ湿気が霧になり。
どんより煙った空は低く見えても、雨は降りそうもない夜からはじまり。
熱い雨の季節が過ぎ、物語も終わり。

ジョージアとは、いったいどんな女性なのか?
映し鏡。

タフガイぶりは、途中まで、相変わらず。
ハードボイルドとはいえ、人間とは思えないウェルズ。

多少鼻についてきましたが、ハードボイルドぶりより、ほかに視点がむけられるところが、キース・ピータースン。

最後に一気に話が展開していくのかと思えば、ありふれた結末にも思えます。
なんとなく、物悲しい、しっくりこない、もやもやしたものを感じる結末でした。

もやもやしながら、日常は回っていく・・・


JUGEMテーマ:



2019.06.04 Tuesday 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 

傷痕のある男

傷痕のある男

出版日:平成3年6月10日  初版発行
    平成6年12月10日 再販発行
あとがき:1994年11月

著者:キース・ピータースン(アンドリュー・クラヴァン)

翻訳者:羽場詩律子

カバー:松原建治

出版社:角川文庫

定価:本体620円(税別)

あとがきによると、アンドリュー・クラヴァンがキース・ピータースンの名義で発表した最後の作品だそうです。

ハードボイルド・推理小説(ミステリー)でもなく、サスペンス。

さりげない日常の生活・風景の描写の中から、思わぬものがさりげなくこぼれ落ち。

途中で真実をかなり知っていそうな、主人公のボスは、遠くの僻地に出張中。

出張前に、何かを伝えたかった様子なのに、なりゆきで(別れ際にあるものを見て、このままでと思ったような)
主人公も、今でなく、帰ってからと。

ありえない、話が次々に。

サスペンスなのに、恐ろしいことなのに、恐ろしさより、日常から浮遊した感覚。

風景・日常の中にある、叙情的な表現から、サスペンスとしてどうかなと思う方もいるかも。
そこがいいところでもあり。
二転三転は、今まで読んだ作品とにているよな構成。
最後に一気に、物語が展開していきます。

その中の描写も、音・におい・明かり・風景、過去と現在が重なるように、描写されています。
その描写で、より緊迫感が。

最終章は、なくてもよいかもと思う方もいるのかもしれません。
でも、最終章がなければ、謎がのこりすっきりしない、収まりがつかないような。

四半世紀も前に書かれた、サスペンスです。

現時穴ら、モバイルで、連絡がとれるし、情報ももっと簡単にあつめられるような。
味気ないですね。でも、描写がすてきなので、味気ない現在の文明利器の境でも、同じような感覚をもてるかもしれません。

話が違いますが、アマゾンに中古がでたいますが、借りた本とカバーの絵が違います。
カバーの絵は、図書館で借りたほうが、ぴったりです。


JUGEMテーマ:



2019.05.02 Thursday 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 

幻の終わり

幻の終わり

発行日:1991年6月28日 初版
    2004年3月12日 10版

著者:キース・ピータースン

訳者:芹澤 恵

発行所:株式会社 東京創玄者

定価:本体700円+税

存在したのか、あるいは存在しなかったのか。

現在も生きているのか、亡くなっているのか、謎にみちた幻のような、人を引きつける女性が話の中心にありながら。

なぜ彼は、そのことを話さなかったのかと主人公ウェルズが思った時、真相は、もっと身近な問題に。

それに、そのとき気がついていれば。

その後の情報提供者の話がなければ、気がつくことは難しいことかも。

最後、残りわずかになって、急変直下、事件が見えてきます。

ハードボイルドとして、主人公ウェルズのタフガイぶりは、一作目より派手に。

ここまでくると、人間として肉体・体力としては、ありえないでしょうレベル。

1作目は読まなくてもと思う方もいるかもしれませんが、私は、1作目のほうが、主人公ウェルズの心の痛みが表現されていて好きです。

一昔のハードボイルドの主人公なら。現在では、あまりカッコよくないような気もする主人公。
1作目を読まなければ。

ストーリとしては、とても引き付けられる展開で、一揆読みです。終わったに見える最後が最後でなく。最後の最後まで、意外な展開です。

ストーリーとしては、1作目より面白。

後の本も読んでみたい。


JUGEMテーマ:



2019.03.21 Thursday 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 

暗闇の終わり

暗闇の終わり

発行日:1990年10月19日初版
    1999年11月12日9版

著者:キース・ピータースン

訳者:芹澤 恵

発行所:株式会社 東京創元社

定価:本体540+税

ハードボイルド。敏腕記者、ジョン・ウェルズ・シリーズ第一作。


ズルズルと引き込まれました。
のわりには、時間がなく、10日かかりました。残り半分は1日半」で、途中でやめれなくなり。

このシリーズの魅力は、やはり主人公、ジョン・ウェルズ
(主人公に魅力がないとがなければ、ハードボイルドではないと思ってしまいますが)

新聞記者として、たんなる客寄せの記事ではなく、人の心に向き合った難しいインタヴューをし、記事を誇りをもって書く姿。

苦しい過去の出来事となんとか、折り合いをつけようと、あがく姿に魅力を感じます。

ハイスクールの生徒の自殺が連続で発生した町へ、不本意な状態で出かけ、過去を折り合いをつけながら取材して、書いた記事をめちゃめちゃにされ。

逆に、真実をしるために、町へ戻るジョン。

待ち受けるのは。ハードボイルド。

ジョンの、人の気持ちにこころ寄せる記者としての姿勢。事件は、最初の想定と違った、さまざまな真実へ。

家族の難しさを。

心身ボロボロ。

心の傷をかかえ、ハードボイルドとはいえ、あれほどズタズタな体で、最終よくうごけるな〜と、復帰の早さがきになります。

レミング、シリーズと違った、魅力があります。
次作も、ぜひ読んでみたい。


2019.02.24 Sunday 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 

天国通り殺人事件

天国通り殺人事件


出版日:2018年7月27日初版

著者:シュテファン・スルベツキ

訳者:北川 和代

発行所:(株)東京創元社

定価:1200円+税 キンドル版あり


レミングシリーズ第2

最初からトラブル。

さらに、1話以上にどうみても、殺人犯に見えるレミング。

出始めは、なんと頼りない感じですが、やはり、人柄と頭の良さを感じさせるレミング。

今回も、途中に、別のお話が挿入されています。

別の過去のお話の主人公が、今回の殺人犯だと感じるのですが、それが、現在の登場人物の誰なのかが、見えず。

感と偶然ともありますが、点と点を結ぶところは、レミングの頭の良さ。

今回も最後は、九死に一生、危機一髪。

彼が頼りにし、相手も好意を持っていてくれる人のと関係も深まりそうです。

今後のお話でも、登場しそうです。

そして、出足の最悪の事態にたいしても、思い込みを、確かめようとするレミング。

確かめて良かった!!


話は変わります。
新聞に、「カササギ殺人事件」が面白いと記事になってました。
年末ミステリランキングを全制覇して4冠達成! ミステリを愛するすべての人々に捧げる驚異の傑作】年末ミステリランキングを全制覇して4冠達成! ミステリを愛するすべての人々に捧げる驚異の傑作
巨匠アガサ・クリスティへの愛に満ちた完璧なるオマージュ作品と紹介されてました。
そそられる!!
次読んでみたい。
アマゾンのリンク。ちょっとだけ内容記載あり。

カササギ殺人事件〈上〉 (創元推理文庫) 文庫 – 2018/9/28


2019.02.09 Saturday 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 

探偵レミングの災難

探偵レミングの災難


出版日:2017年7月28日初版

著者:シュテファン・スルベツキ

訳者:北川 和代

発行所:(株)東京創元社

定価:940円+税

シリーズ第一作。

表紙の絵、最初?だったのですけれど。なるほど。

熊に襲われたと思っても。

探偵といっても、なんだか頼りない。

調べているというより、「犬も歩けば棒にあたる」みたいな。

どこにでもいそうな一人の悩める人間。

それでいて、やさしく、思いやりがあり、直感もさえが。

実物大のすてきな人間像が、描き出されてます。

活字を変えて差し込まれる、新聞記事。

さらに途中に挟まれている、ジャンニが主人公のお話。

それだけでも興味深く何時・何処の出来事?ジャンニて何者?と、続きが読みたくなりました。

昔のドクターの話から、さらに過去の過去につながり。

ジャンニが、その過去につながり。2代前のご先祖さま。

話は、複雑で、現在と過去がつならり。過去の過去にもつながり。

ドクターの話の時点で、事件の発端と思われる過去の事件より、さらに過去の過去へとつながっているとなんとなくジャンニや、今回の最初の事件の発端となった事件のつながりが推測ができます。

そして現在の、本筋と直接関係ない表紙の動物の事件は、あっけなく事実判明。

その関係ない事件が、今回の事件と過去の事件にレミングを導きます。

話の構成や、人物描写が面白く、自作も読みます。

それにしても、意地のの悪い人間でも、時分の意地悪さが、なにを引き起こしてしまったのか、知ったとき、保身に走らなければ・・・・





2019.01.14 Monday 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ひめくりカレンダー ことしも

[ - ]
不要な方には、邪魔?ゴミ?

我が家は、ひめくりカレンダーを購入し始めて、ん年。

毎年購入するものが決まっています。
今年も、

ライエックス メモ付き 日めくり・莫山 2019年

少し大きいかもしれませんが、メモ部分があり便利です。

今日が何日だったか?のことが多くなり、大切なことを忘れたり。

朝めくれば、カレンダーをみれば、その日が何日何曜日かがわかります。一日中。
メモも、大切なことを忘れないように、朝確認ができ、役にたちます。

ただし、めくる習慣がないと、ひめくりもやくにたちません!!

最近やや、あやしくなってきました。(涙)

2018.12.09 Sunday 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 33 PAGES | >>