<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

あけるな

[ 絵本 ]
あけるな

発行:2006年11月30日初版
著者:谷川 俊太郎(たにがわ しゅんたろう)
絵:安野 光雅(あんの みつまさ)
発行者:左田野 渉
発行所:ブッキング
    〒101-0062
    東京都千代田区神田駿河台28
    電話:03-3233-5336(代)
定価:1600円+税

1976年に発行された「あけるな」(銀河社刊)を底本に復刻されました。


谷川/俊太郎
1931年、東京に生まれる。東京都立多摩高等学校卒。『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、『月火水木金土日の歌』でレコード大賞作詞賞受賞

安野/光雅
1926年、島根県津和野に生まれる。ケイト・グリナウェイ賞特別賞、最も美しい50冊の本賞、ボローニャ国際児童書展グラフィック大賞、『旅の絵本』での国際アンデルセン賞など多数受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


有名な方々のコラボ絵本
(私は知りませんでした)

難しい絵本です。
子どものほうが、自分らしく感じる事ができるのかも?
大人は、理屈ぽい・・

私は、安野氏の絵の方に先に反応して、文が後になり。
絵がたまらなく良い!!雰囲気があります。

アマゾンのカスタマレビューみていて、いろいろあると思うけれど、大人がみると、こんな解釈になるんだ〜と思うものも。
大人向きなのか、子ども向きなのか?

難しいのは、大人だからのような気もしたり。
子どもたちは、いろいろな反応をしめしそうな。それでいいのかも。

でも、思ってしまいます。
両氏は、どんなことを、この絵本で伝えたかったのか?と。
なんど、本をめくってみても???

どなたか、お子様を含めて、ご一緒にこの本を広げて、お話しをしたい♪
企画したら、来てくださるかしら?

厳重に締められた『とびら』を、あけるまで。自分があけた『とびら』それは、不安も抱えた好奇心にかられての冒険への船出なのか?
開けた世界へは?

私は、『とびら』を開けた絵をみて、まだ後ろに扉があれば、引き返したいと感じました。
次の扉をあけると、先の絵と色みの違いが一番の違いなのですが、暗くおどろおどろしい世界、寂しい世界、何が潜んでいるかわからない世界が広がっていて(私にとって)

ここでの文を読むと、好奇心が先にたっているような。
『とびら』の中は真っ暗な世界。その世界に、少しひらいた『とびら』から光がさし。
この光には、惹かれました。真っ暗な中での希望の光に見えた私。
引き返そうにも、もう帰りの『とびら』がみえませんから。

その光の先にあった世界は。
明るく、静かで、穏やかで、空虚で、ひっそりしていて。
永遠にかわらない世界。に私には見え。

そこの建物にも、さそうような白い『とびら』らしきものが。
その『とびら』の中にいるのは身動きしない人が。うなだれているような感じがする。
その背中に、『とびら』が。

もう引き返さないと思う気持ちはどんな気持ち?
どうして、引き返されないと思ったのか?引き返そうと思わなかったのか?
引き返すほうが、難しかったから?

背中の扉の向こうには、からっぽ。怖くないと自分に言い聞かせ、進むほうが冒険・勇気?恐怖をもちながら進む?

その中には、たった一つ小さなものが。
その小さなものにも『とびら』のようなものが。

そな中は、綺麗で、ワクワク、楽しげな雰囲気(私にはね)
おもわず、この美しい世界の向こうになにがあるのかと好奇心が私にもわき。

そこにも、半開きの『とびら』からの光らしきものが。
思わず、開けたくなる、安野氏の絵です。

背景と、チョッと異質な現実的な『とびら』が見えてきて。
背景と異質なのに、見覚えがある・・・でも開かない。

開けて、中にいれて〜て、これは、子どもの声!!に聞こえます。

入りたくて仕方のない『とびら』

開いた扉からは、文だけ読めば、遊びに行った子どもを迎えるお家・・・

でも最期は、その扉の中の様子が、壁の額縁の中に。

帰れない世界に閉じ込められた!!虚構の世界を生きている自分!!と思ってしまった私。

それまでは、自分で開けたり、通ったりした『とびら』
最期だけは、開けてもらったような。
いろいろな、冒険をへて、お家に帰りついたのか?

ん〜。わかりません・・・
なんとなく、子供向けのような気がします。

ブログ風と空といもむむしごんたろう 『あけるな』感想

理路整然・大人

ブログ オトナノモノ パンドラの箱 『あけるな』

ん〜2001年宇宙の旅のあのシーンと、扉が次々に開けられていく感覚にているかも!!
こちらの、ブログの感想は、面白い♪
見た人それぞれ、同じ人でも時と場所がかわれば変わる
「分からなさを楽しむ自由」なるほです♪



あけるなあけるな谷川 俊太郎 安野 光雅 ブッキング 2006-12-01売り上げランキング : 110638Amazonで詳しく見る by G-Tools



JUGEMテーマ:


2016.02.06 Saturday 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本)

[ 絵本 ]
100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

著者:佐野 洋子
出版社:講談社
出版日:1977年10月19日

子供の時に読みました。
度重なる親の転勤で、今は1冊も絵本はのこっていません。

もう一度めぐり合いました。

NPO法人日本ケア・カウンセリング協会のワンデー・セミナー
詩の臨床にいかに寄り添うか?!
〜『百万回生きたねこ』の心理分析をとおして〜
セミナーも、よき仲間にめぐり合え良かったです。

「100万回死んだねこ」と記憶している人は、いるのですね。

「ねこさん、死ねてよかったね」と、子供の時に思ったのは、私だけではありませんでした。

今回最初に思ったのは、「ねこさん、一度も生きてない!!」でした。

ワークもあり、再度読んで、人それぞれ思う事があり。それを聞いて、なるほどと思う事、そな他いろいろ次々と。

大きく、二つにわかれています。
前半の飼い主は、それぞれ意味があるとは。その飼い主も大きく2つのグループに分かれなんて、子供の時は考えもしませんでした。
前半、所有の原理。後半、存在の原理。

後半も、人とは、生きるとは。

最近出会うこと、根は同じことのような。
この『百万回生きたねこ』にもあると思います。
セミナーでも、そのように私は聞いたと思います。

短い絵本の中に、一杯詰っています。
改めて、言葉一つ一つが大切。しっかり言葉を読んでません。
改めて、あれ?と絵本も見直したり。

子供に時に読んだ絵本、丁寧に改めて読むと、違った世界が広がります。

佐野洋子〈追悼総特集〉100万回だってよみがえる (文藝別冊)


100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))佐野 洋子 講談社 1977-10-19売り上げランキング : 751Amazonで詳しく見る by G-Tools


佐野洋子〈追悼総特集〉100万回だってよみがえる (文藝別冊)佐野洋子〈追悼総特集〉100万回だってよみがえる (文藝別冊)河出書房新社 2011-04-14売り上げランキング : 84355Amazonで詳しく見る by G-Tools


JUGEMテーマ:


2014.03.28 Friday 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 

生きる力 絵本の力

[ 絵本 ]
生きる力 絵本の力

著者:柳田邦夫
出版日:2014年1月29日 第一刷発行
発行者:岡本 厚
発行所:株式会社 岩波書店
    〒101-8002
     東京都千代田区市唾し2-5-5
     電話案内:03-5210-4000
定価:本体1400+税

著者の紹介の一部に
「大人こそ絵本を」「絵本は人生に3度」「絵本は子育てのバイブル」などをキャッチフレーズを創作してエッセイや全国各地への講演行脚でかたりつづけている。
とあります。

そのことが、書かれています。

沢山の絵本が紹介されています。
著者が翻訳されたものも沢山。奥様の絵本作家。

それぞれの絵本を、著者がどのよのように読まれたのか。子供や大人が、絵本から感じたことを、お手紙で送ってくれた内容も、紹介されています。

著者の暖かい目をとおして紹介された絵本、まだ読んでいないのに、あ〜なんと素晴らしい世界!!涙が出てしまうものも沢山。

どれも、これも。
もう一度かりて、今度は、絵本のタイトルをしっかりメモします。
図書館に行った時、この本があれれば、最初から少しずつ図書館でよみ、図書館にある絵本を借りてかえりたいな〜。

私には3度の機会はありません。最期の1回は残っています。


自分が子供の時代
子供を育てる時代
人生後半になった時や重い病になった時

とくに3度目の時、座右に絵本を置いて、毎日ゆっくりと声に出して読み、絵の隅々まで見つめる楽しむ週間を身につけると、必ずや人生観が深まったり変わったりするのに気づくだろう

と書いてあります。本を読むと、とても説得力のある言葉です。

でも、忘れそう・・・

一つ、最初の方と、最後の方にでてくる「コルチャック先生」
映画をみたことがあります。TVでですけれど。

ほとんど、覚えていないのに、子どもたちに囲まれた、コルチャック先生の映像と、沢山涙をながしたことをおもいだしました。


コルチャック先生 子どもの権利条約の父 (講談社の翻訳絵本) [単行本]


コルチャック先生 (岩波ジュニア新書 (256)) [新書]

子どものためのコルチャック先生 [大型本]



コルチャック先生 [DVD]


コルチャック先生 Blu-ray

生きる力、絵本の力生きる力、絵本の力柳田 邦男 岩波書店 2014-01-30売り上げランキング : 214391Amazonで詳しく見る by G-Tools


コルチャック先生 子どもの権利条約の父 (講談社の翻訳絵本)コルチャック先生 子どもの権利条約の父 (講談社の翻訳絵本)トメク・ボガツキ 柳田 邦男 講談社 2011-01-28売り上げランキング : 403581Amazonで詳しく見る by G-Tools


コルチャック先生 [DVD]コルチャック先生 [DVD]紀伊國屋書店 2014-05-24売り上げランキング : 4022Amazonで詳しく見る by G-Tools


JUGEMテーマ:


2014.03.12 Wednesday 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 

オイスター・ボーイの憂鬱な死

[ 絵本 ]
オイスター・ボーイの憂鬱な死


図書館で借りた本です。
アマゾンで検索した画像と違い真っ黒。
その中央に立て長方形のピンク色の中に、黒でペン描きせれた「オイスター・ボーイ」
定価がないので、おそらく、アマゾンの画像のような、白いカバーがかかっていたのでしょう。
カバーの無い状態の方が、本にイメージに合っているように感じます。

発行日:初版発行1刷発行1999年1月10日
    初版第4刷発行 1999年5月10日
著者:ティム・バートン
翻訳者:狩野 綾子 , 津田 留美子
イラスト:ティム・バートン
発行者:浅井 陸
発行所:アップルリンク
    〒150-0041
    東京都渋谷区千駄ヶ谷2-23-2
    電話 03-3404-1201(営業)
発売元:株式会社河出書房新社

イラスト、独特の雰囲気があります。
(ティム・バートンは、ディズニー・スタジオでアニメータをしていたそうです。)

自分の文章に自分でイラスト(絵)を描いているので、文字以上になにか伝わったくるものがあります。

最後に原文が記載されてます。
英語読めないので。。。、辞書引き引きなら、なんとかなるかも。
シンプルなので。

訳者の方の翻訳に感謝です。
わからになりに、対比すると、すてきな翻訳だなと思います。
人によっては、一部翻訳に納得できな方もいらっしゃるので、出来れば原文が読みこなせるといいのですけれど。。。

大人の絵本という分類になっているのが勿体無い。

一見、グロテスクなお話にもみえますけれど。
どのお話も、どこか、身の回りにありそうなお話のような気がする私の感覚が変なのでしょうか?

どういう風にと、聞かれと、なかなか具体的にすぐ思いつかないのですけれど。

登場人物のような、思いや気持ちを抱いた人は、沢山いるのではないかなと感じます。



オイスター・ボーイの憂鬱な死オイスター・ボーイの憂鬱な死ティム・バートン 狩野 綾子 アップリンク 1998-12売り上げランキング : 42533Amazonで詳しく見る by G-Tools




JUGEMテーマ:


2014.02.24 Monday 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ただのおじさん・ただのおじさん2

[ 絵本 ]
ただのおじさん・ただのおじさん2

ただのおじさん (ほっとたいむ)

ただのおじさん〈2〉 (ほっとたいむ)


著者:ふくだ すぐる
発行日:
ただのおじさん :1994年10月31日 第1刷
         1995年8月31日  第6刷
ただのおじさん2:1996年10月28日 第1刷
発行所:株式会社 岩崎書店
    東京都文京区水道1-9-2
    電話:03-3812-9131(営業)
       03-3813-5526(編集)
発行者:岩崎弘明
定価:800円(本体777円)




とっても古くて、中古しかありません。
8円から。2は1円から。繰り返しながめたい♪
とってもお値打ちだと思います。

カスタマーレビューに、
>ただのおじさん・・・ではないでしょう

いや、ただのおじさんて難しいでしょう

理論書より、ん〜♪です。

ただ一番最初に来たたこさん。
たこさんが、私なら、おじさんの言葉はちょっとね。
素直に受け取れなかったかも。今は少しだけ、表は「ありがとう」て言える(笑)

ねずみさんとの会話で、中井先生の本を思い出しました。
やにわとりさんも、中井先生を。

タヌキさんと、ウサギさん、おじさんも、そんなこと聞いちゃうんだ!!

ネコさん、そうだね。おじさんも、全部わかるわけないんだね。

ライオンさん、時には、エ?!でも、本人の希望通りね。

カバさん、時には隠したままでいいんだね♪

ワニさん、ちょっと違っていても、楽しいならマネしてみよ!!

かめのおやこ、疑問におもうこともあるね。

くじらさん、こないことも、いつかはくると思い、来たときの約束ね。
おじさんの最初のことば、別の本を思い出しそうで思い出せません。

サンタさん、おじさんだって、たまにはね。

お昼ねしていても、ただ一緒にいるだけでいいんだね♪


ただのおじさん (ほっとたいむ)ただのおじさん (ほっとたいむ)福田 直 岩崎書店 1994-11売り上げランキング : 329366Amazonで詳しく見る by G-Tools



ただのおじさん〈2〉 (ほっとたいむ)ただのおじさん〈2〉 (ほっとたいむ)ふくだ すぐる 岩崎書店 1996-10売り上げランキング : 527815Amazonで詳しく見る by G-Tools


JUGEMテーマ:


2013.12.03 Tuesday 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 

蒼い時

[ 絵本 ]
蒼い時

蒼い時 L'Heure bleue

著者:エドワード・ゴーリー
役者:柴田元幸
装丁:渡辺和雄
発行者:若森繁男
発行所:株式会社 河出書房新社
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
電話:03-3404-8611(編集) 03-3404-1201(営業)

旅嫌いのゴーリーが、唯一遠出したというスコットランド旅行の思い出を、二匹の犬に託して語る 摩訶不思議な物語とカバーの見返しに書かれています。

犬に見えない。でも犬といわれれば犬。

それより、1枚の絵にたった2行程度かかれた文書。
本当に、摩訶不思議。

めくるページと前のページ、どうつながっているのか。バラバラ。
書いてある内容に、どんな思いが託されているのか、

とても、汲み取れません。。。

「L'Heure bleue」は英語では、「the blue hour」。
「the blue hour」は「黄昏どき」の意味で使われるそうです。

ブルーと白と黒だけの絵の世界。

文と絵が、私の中で結びつかない。バラバラ。

絵も文も摩訶不思議。
哲学の世界かもしれません。

蒼い時蒼い時
エドワード ゴーリー Edward Gorey

河出書房新社 2001-10
売り上げランキング : 166127

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


JUGEMテーマ:
2012.05.23 Wednesday 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 

クマがくれたしあわせ

[ 絵本 ]
クマがくれたしあわせ

文:イルマ・ラウリッセン
絵:イェンス・アールボム
約:中田 和子
発行所:廣済堂出版
出版日:2002年11月30日第1版第1刷
定価:1,500円+税

内容(「BOOK」データベースより)
熊のようになってほしくて、男が犬につけた名前は「クマ」。「知らない人が来たら、ほえて追い返すように」でもクマは、だれが来ても、うれしそうにしっぽをふるばかり。男はイライラしながら、カーテンのかげにかくれて、そんなクマのようすを見ていました―こころがほんわりあたたかくなる、北欧の人気絵本。
内容(「MARC」データベースより)
人嫌いの男が番犬として飼った「クマ」は、逆に町の皆に愛されてしまう。男は妬ましさからクマを捨ててしまうのだが…。ヨーロッパ6カ国で翻訳された人生の楽しさを描く絵本。

人を追い返すはずの番犬クマ。そのクマが沢山の人を男の家に人を集めます。

まったく、期待と逆。

とうとう、遠くに捨ててしまいます。

町の人は、クマがいなくなり、死んだと男に告げられ悲しみます。
やがて、男の家には、だれも訪ねてこなくなり、町ですれ違った挨拶も交わしたくれなくなります。
男は、寂しくてたまらなく
「人生は、こんないにつまらなかいものか」と考えた時、以前より痩せた、くまが、戻ってきます。

男は嬉しくなって、沢山のご馳走をクマにつくります。
町の人も、クマが生き返った事を喜び、クマと遊びにきます。
男ともはなすようになります。

お話はとても単純です。

丁寧に描かれた絵も素敵です。
クマの表情が、とても感情を表現しています。

私にとっての、クマは、なんのでしょう。
クマが欲しい。
人は、人が好きなのですね。

図書館でかりました。
クマがくれたしあわせクマがくれたしあわせ
イルマ ラウリッセン イェンス アールボム

廣済堂出版 2002-11
売り上げランキング : 1059514

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

JUGEMテーマ:
2012.04.28 Saturday 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

いつだって長さんがいて…

[ 絵本 ]
いつだって長さんがいて…
いつだって長さんがいて… [大型本]
文:今江 祥智
絵:長 新太
出版社:BL出版 株式会社
出版日:2006年11月1日 第1刷発行
価格 ¥ 1,500+税

不思議な絵本です。

内容(「MARC」データベースより) 長新太の「宇宙」がここにある-。長新太との半世紀近くの厖大な仕事の中から、今江祥智が印象に残った作品と絵のひとつひとつに長さんへの想いをつづった絵本。『飛ぶ教室・復刊特別号/春/2005』に加筆し単行本化。

絵も、お一人の方が描かれたとは、思えないほど、いろいろ。
長いお付き合いのあった、お二人。

今江祥智氏の一押し二押しで、長新太氏のOKのお手紙から、出来上がった絵本との事。

最後のページは、今江祥智氏から長新太氏への弔辞なのでしょう。

いつだって長さんがいて…いつだって長さんがいて…
今江 祥智 長 新太

BL出版 2006-11
売り上げランキング : 890366

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


JUGEMテーマ:



2012.04.27 Friday 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 

お友だちのほしかったルピナスさん

[ 絵本 ]
お友だちのほしかったルピナスさん

お友だちのほしかったルピナスさん (大型絵本)

文:ビネッテ・シュレーダー
絵:ビネッテ・シュレーダー
翻訳:矢川 澄子
発行所:岩波書店
発売日:1976年12月10日 第1刷発行
    1999年11月9日  第4刷発行
価格¥1,600円+税

お話や、主人公達より、背景の景色に圧倒されました。

小さいな絵ですが、

最初のページの

エルスとウルズリーネに

とかかれた、絵と

最後のページの、ルピナスの花が風にそよいでいる絵が好きです。

本文では、風に吹かれ飛ばされている絵。

空と、木が風にたわみ、実が大地に転がっている絵。

空と木立の様子に圧倒されます。

パステルアートで書いてみたい・・・

お友だちのほしかったルピナスさん (大型絵本)お友だちのほしかったルピナスさん (大型絵本)
ビネッテ・シュレーダー

岩波書店 1976-12-10
売り上げランキング : 116091

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


JUGEMテーマ:
2012.02.16 Thursday 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | 

生きづらさから自由になる 気持ちのキセキ

[ 絵本 ]
生きづらさから自由になる 気持ちのキセキ

文:箱崎 幸恵
絵:せき あやこ
発行所:明石書房
発売日:2008年10月10日
価格¥1,260円+税

昨日、図書館に行ったとき、帰る時通り抜けようとした通路の本棚にありました。なぜか、気がつけば手にとって、そのまま最後まで読みました。

綺麗な、水彩画です。

お話は、私の事が書かれているようでした。
読んでいて涙がでてきました。

私は決してACではありません。でも、親に心配をかけないようにしていた子供だったと思います。

そして、本にかかれている自分の気持ちがわからない大人になりました。
キセキとは、気持ちの奇跡 気持ちの軌跡だそうです。

私も、私の心の軌跡・軌跡をいつか、パステルアートで描くことができればと思う1冊でした。

商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
友だちに送ったメールの返信が、すぐにこなくて胸がザワザワしたり、母親に「何かあったの?」と聞かれて、「別に」といってから心がモヤモヤしたり、先生に「がんばれ」と励まされ、「はい」と返事したあと頭がブチッとなったり…。言葉ではうまく表現できない気持ちがわいたときに、手にとってみてください。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

箱崎 幸恵
フリーランス・ライター。これまで、主に児童福祉や医療をテーマに取材し、朝日新聞や婦人公論など新聞や雑誌に記事を執筆した。子どもへの暴力防止活動に参加し、2000年の児童虐待防止法制定時にロビー活動を行う。レターカウンセラーとして8年間、自分の気持ちと向き合いながら、手紙を通して、10代の子どもたちの気持ちを受けとめた。米国の依存症者の更生施設などで研修を受ける。2005年、「子どもの虐待防止のオレンジリボン活動」のスタート時に、 NPO法人里親子支援のアン基金プロジェクトのメンバーとして参加した。現在は、本の企画編集や執筆活動をしながら、2006年に開設したウェブサイト、「子ども虐待防止のオレンジリボンネット」の編集・管理を務めている

せき あやこ
女子美術短期大学専攻科卒業後、1996年よりフリーランスのイラストレーターとして仕事をはじめる。『生きているだけで、いいんだよ。』(ごとうやすゆき著、河出書房新社)の挿画など、主に書籍や雑誌、パンフレットのイラストを中心に手がける。透明水彩を使って、やせらかい色彩の絵を描く、これまでに個展を4回開催。2005年子ども虐待防止のオレンジリボンキャンペーンでは、チラシやポスターのためのイラストを制作した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


生きづらさから自由になる 気持ちのキセキ生きづらさから自由になる 気持ちのキセキ
箱崎 幸恵 せき あやこ

明石書店 2008-10-10
売り上げランキング : 184846

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



JUGEMテーマ:


2011.11.21 Monday 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 2 PAGES | >>