<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

しっかりものの老女の死

しっかりものの老女の死


FRAMED IN CORNWALL
コンオールのフレーム(フレーム→額装・縁・枠)

発行日:2005年4月15日 初版

著者:ジェイニー・ボライソー

訳者:安野 玲

発行者:株式会社 東京創元社


読み始め、読んでいると思ったのです。

事故とも自殺・事件ともわからないまま、話はすすみ。
読み進めても、先が思い出せず。
最後まで、なにも思い出せず、3つの結末。

劇的な推理はないものの、やはり最後にわかる意外な結びつきと結末。
しっかりものの老女には、うっかり口をすべらせず、もう少し長生きして欲しかった。

主人公のローズにとっては、自分のしがらみから、立ち上がって新しい人生の始まりに。

もとのタイトル「コンオールのフレーム」、わかったような、わからないような。

コンオールの土地に根ざした人々、美しく荒々しい風景、変わりやすい天気、海と人。
フレームにおさまった、一幅の絵のような描写。

あきさせることなく、最後まで読ませていただきました。



JUGEMテーマ:



2019.07.20 Saturday 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 裁きの街 | main | 夜の庭師 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.06.15 Monday 13:59 | - | - |